EEC396BE-F347-4F09-B56F-E686E939AC5F.png
OFFICIAL  SITE
logo02.png
DF8F4B9C-4800-4F87-9D15-01BE7BEB1CBE.jpe
音楽人  山内達哉
 
PROFILE

「日本の心」と題し、日本の歴史や風景をテーマにヴァイオリンと尺八などの共演スタイルで全国を旅しながら、作曲及び演奏活動を行い、日本全国の人々に音楽を届けるとともに、奉納演奏を神社にて行う。

( 明治神宮、和歌山県闘鶏神社、宮崎県鵜戸神宮、寂庵にて瀬戸内寂聴氏と共演 他 )

魂に語りかけるようだ、と言われる作風は、「ふるさと」を思い起こさせ、学校の校歌や地域の音楽として親しまれ、音楽を通した国際交流、文化交流を行う。

( 埼玉県親善大使・宮崎県みやこんじょ大使・兵庫県朝来市観光大使、桐朋学園芸術短期大学作曲非常勤講師 )

 

音楽を通した町おこしにも力を注ぎ、「長崎県おじか国際音楽祭」「宮崎県都城島津音楽祭」「ASAGO芸術音楽祭」などの音楽祭やイベントのプロデュースも多数手がける。また日本のみならず世界中を旅する音楽家でもあり、世界最大の芸術祭、「スコットランドフリンジフェスティバル」の出演をきっかけに、日本国総領事館主催公演を多数行う。(イギリス・ドイツ・モンゴル・韓国・中国等)海外での演奏活動は「外務省在外公館長表彰」「第一回埼玉グローバル賞」にて表彰される。

 

近年の主な活動としては、

・2020年 四次元バス のテーマソングを作曲し、村上ポンタ秀一氏にドラム及びパーカッションで参加。

・2020年10月公開の KADOKAWA映画 堤幸彦監督作品「望み」の音楽 25曲を作曲及び演奏を行う。

・2021年 A B C テレビ 「ミヤコが京都にやって来た!」全 6 話の劇伴音楽の作曲及び演奏。

・2021年ミラノコレクション楽曲制作。

 

< 今まで 〜 そしてこれから >

・復興支援活動と防災の意識を高めるため、(財)CLASSIC FOR JAPANと(公財)東京都公園協会と共に 「 TSUNAMI VIOLIN 」プロジェクトを開始。

・兵庫県の竹田城跡は、天空の城ブーム観光客の増加により、シンボル松が枯死。その枯死してしまった松からヴァイオリンを製作、国史跡を守っていく目的で「天空のヴァイオリン保存会」を設立し、チャリティコンサートなどの活動を開始。

・「ご神木ヴァイオリン」製作に向け進行中。

天孫降臨の地、宮崎県 高千穂神社のご神木と、狭野神社の御神木にてヴァイオリン製作に向け進行中。

日本の文化の継承とともに、「音育」未来の子供達へ、感受性を育む目的とする。

日本の神話と共に、その音色を「日本から広く世界へ」発信する。

 

以上のように音楽を通して自分にできることを常に模索しながら、新たなオンリーワンの音楽世界、エンターテイメントを展開し続ける。

 
Instagram
  • Instagram

tatsuyaviolin

 
CONCERT
EEC396BE-F347-4F09-B56F-E686E939AC5F.png

山内達哉コンサート情報・活動報告LINE​会報誌